安い一人暮らしの食事は?食費を安く済ませる最高のコツ

一人暮らしの食事

一人暮らしで金欠で食費を切り詰めないといけないという時に安く食事を済ませたい方は多いと思います。

そんなときどうやって食費を安く抑えるのか私の自称最高食費削減方法を紹介したいと思います。

外食はなしなの?ありなの?

外食は高くつくと思っている方も多いかもしれませんが、実はそうでもなかったりします。

外食と一言で言っても平均価格はお店によって違います。

極端な話、松屋で並盛牛丼を食べたら320円で味噌汁も付いてきますからね。

しかも料理しなくてもいいですし、すぐに料理が出てきます。

そこに野菜をプラスしても110円なので合計430円で済ませることができます。

松屋
・並盛牛丼
・味噌汁
・野菜

合計430円
この記事を書いている時点の料金

これが家族で大量に作るということなら自炊のほうが安くなるかもしれませんが、一人暮らしで料理するということになると安いと思います。

それに考えてほしいのは料理をする時間などもカットできるのでその分違う時間に使えますからね。

吉野家とか他にも安いお店はいろいろありますからね。

ただ、ここで見てもらうとわかる通り栄養のバランスが良いとは言えませんのでたまには良いとは思いますが毎日は良くないでしょう。

金欠の時はたまには良いと思います。

スーパーで割引を狙う

やっぱり安く抑えるならこれでしょうね。

消費期限が当日とか翌朝までだと夜21時以降など割引されたりするスーパーが多いですね。
その時間を狙って購入するのも良いと思います。

肉や惣菜はかなり安くなりますね。

この割引はスーパーによって時間も違うし、日によっては割引がないものもあったりするのでこればっかりは運ですけどね。

でも半額とかもあったりしますし、30%くらいは当たり前だったりしますからね。

ただ、一つ夜遅くに割引になるので、もし当日食べるのであれば夜遅くなるので太ってしまうとか気になる方にはおすすめできませんけどね。

ここで私の場合は肉などは当日食べない場合は普通に冷凍して後日料理します。

まあこれは多くの方がやっていると思いますけどね。

保存食やレトルト食品を食べる

保存食やレトルト・インスタント食品もかなり食費を抑えることができます。

代表的なものとしては
・ラーメン
・焼きそば
・カレー
・缶詰
などですね。

ラーメン

例えばラーメンですが1食100円以下です。
少し野菜を入れたり肉を入れたりして
ご飯を合わせても

300円くらいにしかなりません。

・ラーメン
・ラーメンに入れる具
・ご飯

これだとどうしても栄養のバランスが悪いので青汁・野菜ジュースなどを飲むのも良いと思います。

焼きそば

焼きそばも
カット野菜を購入して
ご飯と合わせても

300円程度でにしかなりませんね。

・焼きそば
・焼きそばの具
・ご飯

これだけだと栄養のバランスが悪いのでインスタントのお味噌汁や青汁・野菜ジュースなどを飲むのも良いと思います。

カレー

カレーもインスタントは安いですね。

100円程度に野菜とご飯を合わせても

300円程度で済みますね。

・カレーのルー
・野菜
・ご飯

缶詰

魚の缶詰は保存食としても持つので金欠などのときにいつでも食べられていいですね。

魚の缶詰は100円程度で
ご飯とお味噌汁で

300円以下ですね。

・缶詰
・ご飯
・味噌汁

これでは味気ないので青汁・野菜ジュースなどを飲むのも良いと思います。

こういった食事は基本栄養のバランスが悪かったりするので毎日はダメかと思います。

自炊(まとめて作って冷凍)

一人暮らしで毎回一人分作っていると食費がとてもかかってしまいます。

なのでまとめて作って冷凍というのも一つの方法ですんね。

野菜などはどうしても摂取不足になってしまうので作ってまとめて小分けにして冷凍するの良いのかなと思います。

ただ、ちょっと面倒だったりするんですけどね。

まとめ

一人暮らしで食費を抑える方法としてはまとめるとこちらでしょうか。

・外食(安いお店)
・スーパーで割引を狙う
・保存食やレトルト食品を食べる
・自炊(まとめて作って冷凍)

どれもかなり食費を抑えられると思います。

それにいいところは外食や惣菜を割引で買う、インスタント食品などは料理を自分でしなくていいので時間の短縮にもなりますね。

ただ、やはり栄養面では良いとは言えませんのでたまにならいいかもしれませんね。

ワンポイントで野菜ジュースをプラスするのもいいかもしれませんね。

ということで一人暮らしの食事を安くする方法ということで紹介しました。

金欠を言う方は参考にしてみてください。

コメント