インスタントご飯は便利|比較おすすめ

インスタント・レトルト食品

最近インスタントご飯の需要が伸びていると思うんですよね。

実際スーパーに行くとインスタントご飯が売れてるなって感じるです。

一人暮らしの場合は特にインスタントご飯は便利ですよね。

いつでも簡単にレンジでチンで食べられますからね。

私も利用することが多いです。

そこでおすすめのインスタントご飯を比較して紹介したいと思います。

おすすめインスタントご飯比較

サトウのごはん

CMでもよく流れていますし、ご存知の方も多いと思います。
スーパーに行けば大体ありますよね。

知名度は高いですね。

味の面でも評判は高いですね。

お米:新潟県産コシヒカリ
1食:200g

タニタ食堂の金芽米ごはん

タニタ食堂が販売するインスタントご飯です。

国産のうるち米を使っていて安心感も高いですね。

「丸の内タニタ食堂」でも使われている「金芽米」です。

ただ、160gということで男性には1食分では足りないかもしれませんね。

お米:うるち米(国産)
1食:160g

東洋水産 あったかごはん

東洋水産 あったかごはんはスーパーでもよく見かけるインスタントご飯ですね。

無添加ごはんで安心して食べられると思います。

あとコスパが良いので人気になっています。

1食:200g

越後製菓 玄米ごはん

越後製菓玄米は新潟県産コシヒカリを100%使用しています。

超高圧処理により、もちもちやわらかな食感に仕上がっています。

カロリーも抑えられていて良いと思います。

ただ、150gということで男性などには少し物足りないかもしれませんね。

100gあたり 146kcal
お米:玄米
1食:150g

キッセイ ゆめごはん

キッセイ ゆめごはんはたんぱく質、リン、カリウムをおさえたご飯です。

食事制限などがある方におすすめです。

こちらでは150gを紹介していますが、200gなどのご飯もあります。

150gですがエネルギーは多めですね。

エネルギー 243kcaL
お米:うるち米(国内産)、酸味料
1食:150g

ウーケ ふんわりごはん

こちらもなかなか人気のインスタントご飯ですね。

添加物不使用
北アルプスの天然水を使用。
国内産100%うるち米(国内産)

というところで体のことを考えてもおすすめですね。

ただ少し高めかなと思います。

お米:うるち米(国内産)
1食:200g

まとめ

私もいろいろなインスタントご飯を良く食べるのですが、おすすめというと本当に迷ってしまいます。

なぜかというと味も含めて好き嫌いがあるからです。

臭いの癖があるものものあって気になる方もいきならない方もいます。

あとは原材料やカロリー、内容量なども比較して選ぶと良いと思います。

私の場合は無添加であったりで最低限体に良くてコスパが良くて1食分200gは欲しいですかね。

本当にインスタントご飯もいろいろあるので一度食べてみるのも良いかもしれませんね。

コメント